Home > 特別展

特別展について

特別展

 一階の展示室では、化石・陶磁器などジャンルを問わず、さまざまな展示会が行われています。

 ここは、一般の収集家や研究者の方の長年の成果を発表する場となっていて、4カ月ごとに色々な展示会を行っています。

運営方針(昭和45年 荒木集成館開館記念展パンフレットから)

 社会人の中には趣味の段階を越えた尊い研究に余暇の善用に励げんでおられる方々の多い事を私の人生を通して見てまいりました。これらの尊い研究が、そのまゝ埋もれてしまうと云う事はないであろうが、世の人々に紹介されないまゝにじっと待っている事は確かである。例えば考古学遺跡の遺物が発見、発掘されるのを待っているのと同じように。私は熱田図書館で個展を開いて戴いた感謝を捧げると共に、この喜びを次の世代の人々にたとえ小さくとも贈ってあげたいと願うからである。名付けて「人間発掘」と。

 集成館は私立(現在は公益財団法人)です。見学者の皆さんが営運の鍵を握っています。見学者であり協力者であり展示者であって戴くようお願い申します。’71年よりは一般杜会人の研究家に、この展示室を交代で提供し、社会教育に貢献致したく願っています。

 社会科学、自然科学の研究コレクションをしておられる方々の発表、展示にご利用下さるようお待ちしております。

県の化石 平成29年1月13日〜4月9日(金・土・日開館展示)東海化石研究会

(日本地質学会が選考した県の石から)

日本地質学会「県の石」発表

県の化石

0 “日本地質学会は、全国47都道府県について、その県に特徴的に産出する、あるいは発見された岩石・鉱物・化石をそれぞれの「県の石」として選定いたしました。日本地質学会は来る平成30年(2018年)に創立125周年を迎えますが、都道府県の石の選定をその記念事業のひとつとして実施するものです。”(日本地質学会HPより抜粋)

 この趣旨に沿い平成28年5月に各都道府県の「県の石」が選定されました。県の石は3種類選定され、それぞれ「岩石」、「鉱物」、「化石」が選定されました。今回、選定された県の化石を展示しました。選定された化石は一個体しかない化石から、化石群として選ばれたものまであります。このため一部は写真や恐竜のフィギュアの展示になりました。また、他府県で採用された同じ種類の化石も展示しました。

北海道・東北

北海道 アンモナイト 主要産地 空知,留萌,日高など

青森県 アオモリムカシクジラウオ 主要産地 青森市荒川

秋田県 ナウマンヤマモモ 主要産地 特定の場所無し

岩手県 シルル紀サンゴ化石群 主要産地 大船渡市日頃市町樋口沢

山形県 ヤマガタダイカイギュウ 主要産地 大江町三郷甲,用地区の最上川川床

宮城県 ウタツギョリュウ 主要産地 南三陸町歌津

福島県 フタバスズキリュウ 主要産地 いわき市大久町

関東

茨城県 ステゴロフォドン 主要産地 常陸大宮市

栃木県 木の葉石(植物化石) 主要産地 那須塩原市塩原

群馬県 ヤベオオツノジカ 主要産地 富岡市上黒岩

埼玉県 パレオパラドキシア 主要産地 小鹿野町,秩父市大野原

千葉県 木下貝層の貝化石群 主要産地 下総台地(印西市木下ほか)

東京都 トウキョウホタテ 主要産地 特定の場所無し

神奈川県 丹沢層群のサンゴ化石群 主要産地 丹沢山地

中部・甲信越

新潟県 石炭紀ーペルム紀海生動物化石群 主要産地 糸魚川市青海、小滝など

長野県 ナウマンゾウ 主要産地 野尻湖

山梨県 富士川層群の後期中新世貝化石群 主要産地 身延町小原島など

静岡県 掛川層群(大日層)の貝化石群 主要産地 掛川市,袋井市

富山県 八尾層群の中新世貝化石群 主要産地 富山市八尾町

石川県 大桑層の前期更新世化石群 主要産地 金沢市大桑町

岐阜県 ペルム紀化石群 主要産地 赤坂金生山(大垣市)

愛知県 師崎層群の中期中新世海生化石群 主要産地 知多半島(南知多町山海)

福井県 フクイラプトル キタダニエンシス 主要産地 勝山市北谷

近畿

滋賀県 古琵琶湖層群の足跡化石 主要産地 湖南市野洲川河床

奈良県 前期更新世動物化石 主要産地 北葛城郡広陵町〜河合町(馬見丘陵)

京都府 綴喜(つづき)層群の中新世貝化石群 主要産地 綴喜郡宇治田原町

三重県 ミエゾウ 主要産地 津市・亀山市・鈴鹿市・伊賀市・桑名市など

大阪府 マチカネワニ 主要産地 豊中市柴原の待兼山丘陵

和歌山県 白亜紀動物化石群 主要産地 有田川流域

兵庫県 丹波竜(タンバティタニス アミキティアエ) 主要産地 丹波市山南町,篠山川河床

四国

徳島県 プテロトリゴニア 主要産地 上勝町、勝浦町

香川県 コダイアマモ 主要産地 阿讃山脈

高知県 横倉山のシルル紀動物化石群 主要産地 高岡郡越知町横倉山

愛媛県 イノセラムス 主要産地 宇和島、松山〜四国中央部

中国

岡山県 成羽植物化石群 主要産地 高梁市成羽町、川上町の成羽層群分布域

広島県 アツガキ 主要産地 庄原市および三次市周辺の備北層群

山口県 美祢層群の植物化石 主要産地 美祢市

島根県 ミズホタコブネ 主要産地 県内各地(模式地:松江市玉湯町布志名)

鳥取県 中新世魚類化石群 主要産地 鳥取市国府町宮下

九州・沖縄

福岡県 脇野魚類化石群 主要産地 北九州市,直方市,宮若市

佐賀県 唐津炭田の古第三紀化石群 主要産地 佐賀県西部

長崎県 茂木植物化石群 主要産地 長崎市茂木町

熊本県 白亜紀恐竜化石群 主要産地 天草市,御船町

大分県 更新世淡水魚化石群 主要産地 玖珠盆地(九重町野上)

宮崎県 シルル紀ーデボン紀化石群 主要産地 五ヶ瀬町祇園山

鹿児島県 白亜紀動物化石群 主要産地 甑島・獅子島

沖縄県 港川人 主要産地 八重瀬町字長毛

過去の開催記録

No展示会名展示者開催日
225県の化石(日本地質学会が選考した県の石から)東海化石研究会2017.1.13〜4.9
224貧乏徳利展鈴木照夫・淡河俊之2016.9.9〜12.4
223福原稔・第5回切手展〜公園切手 併設 弁当包紙・箸袋展福原稔2016.5.6〜8.7
222レプリカ(化石模型)の世界東海化石研究会2016.1.15〜4.10
221吟月窯・鈴木照夫作陶展 土と灰釉を楽しむ〜100碗と狛犬・シーサーたち〜鈴木照夫2015.9.11〜12.6
220模型で楽しむ山車 節句の飾り物下地好孝・小倉勝美2015.5.8〜8.9
219中央構造線に伴う化石たち東海化石研究会2015.1.16〜4.5
218福原稔 第4回切手展 年賀切手福原稔2014.9.12〜12.7
217北伊勢山中学校生物クラブOB コレクション展藤正彦ほか2014.5.9〜8.3
216北海道とアンモナイト川辺伸一2014.1.17〜4.6
215犬山焼徳利 百撰展土田晃司2013.9.13〜12.8
214文房四宝展一ノ瀬芳翆2013.5.10〜8.4
213東北の化石東海化石研究会 水野吉昭2013.1.12〜4.14
212銅鏡・日本と中国の鏡 杉村美行収集品杉村美行2012.9.7〜12.9
211近代の藍染・蕎麦猪口(そばちょく)荒木集成館理事長・荒木正直2012.5.11〜8.5
210おまけフィギュアと化石の世界東海化石研究会 水野吉昭2012.1.14〜4.8
209楽しいミニカーの世界荒木正直 ほか2011.9.9〜12.11
208竹内睦・茶陶収集展竹内睦2011.5.7〜8.7
207ジュラ紀のアンモナイト展東海化石研究会2011.1.8〜4.10
206福原稔 第3回切手展 〜1960−70年代の切手〜福原稔2010.9.10〜12.12
205近代尾張の茶碗展 大石浩士コレクション大石浩士2010.5.7〜8.8
204知多半島の深海生物化石東海化石研究会展2010.1.15〜4.11
203お宝コレクション展辰巳・井上・白井・小倉・下地夫妻2009.9.11〜12.13
202美しい世界の貝・共生する貝 名古屋貝類談話会天野正晴・田中利雄2009.8.14〜8.30
201東海道の宿場「鳴海」の古今〜記者の目で見つけた地元の歴史〜淡河俊之2009.5.8〜8.9
 これ以前の開催記録は ここをクリック してください。