Home >

絵馬からみた日本の歴史と伝統
平成30年9月7日〜12月9日(金・土・日開館展示)
中島克人
0

全国の絵馬約350点大集合

 出張で全国各地を飛び回っていた三十年ほど前、空き時間を利用し、古くから「日向の眼の神様」として知られる宮崎市の生目神社に立ち寄った。そこで何気なく購入した絵馬を自宅の壁に掛けて眺めるうちに、その魅力に引き込まれていった。以来、出張のたびに行き先にある神社で絵馬を買い求めるようになり、定年後には三百枚を超える絵馬が壁を埋め尽くした。年齢を重ねた今、自分が健康なうちに、集めた絵馬を地域の皆さんにもご覧いただこうと、今回の展示会を開催する運びとなった。

 絵馬は生きた馬を寺社に奉納する慣習が起源とされ、多くが五角形をしているのも馬小屋の名残とか。

 一般的には横長の五角形が知られているが、浅間大社の正五角形、武田神社の菱型、身曽岐神社の丸形、気比神社やお初天神の鳥居形、金崎宮の塩袋形、貴船神社の屋根付きと形状も様々だ。素材も木材だけでなく、飛騨高山の紙や大覚寺の合紙などがあり、中には有田皿山宗廟八幡宮の有田焼陶板といったものも存在する。

干支にちなんだ馬以外の動物が描かれた絵柄も多いが、三本足の八咫烏(やたがらす)のような「変わり種」もあるのが絵馬の面白いところ。この絵馬を置く日進市の白山宮足王社は「足の神様」が祀られ、近年はサッカーファンも訪れる。今回の展示では、サッカー日本代表のシンボルに採用された八咫烏の「必勝祈願」の絵馬も紹介。

 他に、シーラカンスのような魚(興福寺)、桃太郎と鬼(桃太郎神社)、恵比寿と大黒(砥鹿神社神社)、天狗(小御嶽神社)など、全国の個性豊かな絵馬を展示する。また、「安珍清姫伝説」の舞台となった和歌山県・道成寺の絵馬には清姫が美しく描かれており、芸術品としても鑑賞できる。こうした奥深い絵馬の世界から、ご来場の皆さんにとっても新しい発見があることを願う。

10月7日(日)13:00 説明会開催

荒木集成館

 出展者の中島克人氏による説明会を開催します。絵馬の世界の奥深かさを発見できることでしょう。お待ちしております。

2018年9月18 朝日新聞に掲載されました。

朝日新聞

 陶器・紙製…全国の絵馬ずらり350点 名古屋の博物館

 名古屋市天白区にある博物館「荒木集成館」で、特別展「絵馬からみた日本の歴史と伝統」が開かれている。天白区の中島克人さん(77)が約30年かけ、個人で収集した絵馬約350点を展示している。12月9日まで。

 北海道神宮(北海道)から、中島さんが「絵馬がある寺社として全国最南端では」と話す桃林寺(石垣島)まで、各地の寺社の絵馬がある。なかには有田焼で作られた絵馬(佐賀県・陶山〈すえやま〉神社)や、飛騨地方独特の文化という紙製の絵馬(岐阜県・水無神社など)など、木の板以外で作られたものもある。マカオの媽閣廟(マーコミュウ)寺院で入手したという風鈴のような絵馬も展示されている。

 中島さんは化粧品会社の営業職として全国各地に出張するうち、現地でしか手に入らず、地域によって色や形・素材が様々な絵馬の魅力にとりつかれていったという。定年後も旅行先で絵馬を集め続けるうちに「入手した絵馬を飾っておく自宅の廊下の壁が足りなくなってしまった」と話す。

 開館は金・土・日曜日の午前10時〜午後5時。入場料は大人300円、高校大学生180円、小中学生100円。問い合わせは荒木集成館(052・802・2531)。
(申知仁)

https://digital.asahi.com/articles/ASL9G5R8HL9GOIPE01B.html

荒木集成館の概要 〜地元の歴史・文化がわかるコレクション館〜

荒木集成館

 荒木集成館は、集成館という名があらわすように、考古を中心としたあらゆる収集品(コレクション)を展示・紹介する博物館です。

 1952(昭和27年)、中学教師だった荒木実は、生徒の拾った一片の土器をきっかけに考古学の研究をはじめました。そして多くの遺跡の発掘調査に参加し研究を続け、1970(昭和45)年10月31日、名古屋市千種区に自らの力でミニ博物館「荒木集成館」を設立しました。

 その後、1978(昭和53)年12月14日、天白区に財団法人荒木集成館として移転。そして平成25年12月3日付けで荒木集成館は「財団法人」から「公益財団法人」になりました。

 二階の常設展示室では、土器や石器などの考古資料を時代ごとに展示しています。特に荒木自身が発掘・調査研究を行ってきた「東山古窯址群」と呼ばれている昭和区・千種区・天白区の遺跡からの出土品が、展示の中核となっています。

 一階の展示室では、化石・陶磁器などジャンルを問わず、さまざまな展示会が行われています。ここは、一般の収集家や研究者の方々の長年の成果を発表する場となっています。当館が収蔵する江戸時代から昭和にかけて数多く焼かれていた名古屋のやきもの展示も定期的に行っています。